フォト

オフィシャルサイト

コンサート・ライブ情報

東日本大震災で被災された方がたへのメッセージ

東日本大震災チャリティーライブ

リンク

Message to Akiko Grace


  • Email to: info@akikograce.com

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/31

八月の終りに


もう諦めていたのに、夏は

もう一度力をとりもどした。

夏は、だんだん短くなる日に凝り固まったように輝く、

雲もなく焼きつく太陽を誇り顔に。

ーEnde August


ヘッセ詩集『八月の終り』より
(高橋健二 訳)

2010/08/26

代官山のひまわり&日経夕刊

代官山のひまわり&日経夕刊

非公開の演奏会のために、代官山のヒルサイドテラスへ。近くの交差点で、背の高いひまわりを発見。

車や信号機、アスファルトに囲まれて、間違ってしまったようにすっと一本だけ立ってる。

場違いじゃないよ、日本の暑い夏の都会に良く合ってる、と思った。

恒例のエッセイ、今日の日経新聞夕刊に載ってます。今回は日本の心と曲作りについて書いてます。

2010/08/25

満月なのです


そう、今宵は満月。

Photo


小さいころ、歩くと月がついてくるように見えるのが
不思議だった。

今は、月がこちらを見ているような気がする。
今日の月は特に、そう思った。

正確にいうと、「見ている」わけじゃない。
「気にかけている」といった感じ。

新月「New Moon」
白銀の月「Silver Moon」
と月の曲を書いてきているけど、
まだ書いていくと思う。

ピアノの音は、月の光をとてもよく表せる。

2010/08/22

スタインウェイと聖堂と

Photo

↑聖堂内セッティング中

土浦公演。聖堂に会場入りしたら、東京から運んできた
スタインウェイがすでにその場に待ってた。
辺りにすっかりなじみ、前方上にあるステンドグラス
からこぼれてくる光を嬉しそうに受け止めてる。

すぐにピアノの前に座り、一音を出すと、
高い天井へ、壁へとすっと響きわたって、
耳へ、体へ心地良く戻ってくる。

Photo_2


↑リハーサル中


夢見心地なひとときを、音と過ごしました。

会場の皆さん、ありがとう!
またお会いしましょう。

2010/08/19

リンデンティーの香り

Photo_2


この間、ブログに「菩提樹のお茶ってどんな香りだろう」
って書いたら、数日後アロマテラピストの平野さんが
早速届けてくれた、リンデンティー=菩提樹のお茶。

さすが香りの専門家。
うれしい、こんなにはやく実現するなんて。

さて、練習の合い間に、ちょっとティータイム。
「ああ、自然にふれている」っていう純朴な香り。
飲むリラクゼーションという感じ。いいね。

明日は土浦の素敵なチャペルで、デュオで公演します。
See you soon.

2010/08/16

朝の海

Photo


茅ヶ崎公演、とても楽しい音の旅になりました。

あたたかく深い空間と音とお花をありがとう!!

心に残る公演になりました。

皆さんまたお会いしましょう!


次の朝はやく、マネージャーさんと海へ。

水がすこし冷たい。波の色も昼間と違う。。

向こうのほうでウインドサーフィンが見える。

柔らかい潮風、朝の海。

2010/08/09

8月14日茅ヶ崎ソロ公演


8月14日(土)茅ヶ崎ソロ公演

リクエストにお応えして、演奏予定の曲目を
一部お知らせしますね。

Blue Water
Mediterranean Sundance
Approach to shine
Fly me to the moon
Waltz of Sunflower[ひまわりのワルツ]
トロイメライ

(順不同)

会場:茅ヶ崎ハスキーズギャラリー
開演:16:00


スペシャルゲストには、ギタリスト天野清継さん

をお迎えします。真夏の夕方、アコースティックな空間で

奥行きのある音の旅をしたいと思ってます。

See you soon!

2010/08/04

プルーストと菩提樹のお茶

なぜだろう、翻訳本の中のお茶やお菓子はとっても魅惑的に

思えることがある。

「ショウガ入りのクッキー」とか「グズベリーのパイ」とか、

あの特有の、すらっとしたすました活字でそんなことをいわれると、

何かとてつもなく素敵なものを想像するんだよね。


「菩提樹のお茶」が出てくるのは、

プルーストの「失われた時を求めて」という長編小説。

母の書棚で見つけて手に取ったんだけど、

とにかく長い、重い。

咀嚼するのに時間がかかるから、

眠る前にほんの少しずつね。

ターナーの「吹雪 Tormenta de nieve」が

刷ってあるブックマークをこの本専用にしたんだけど、

もし完読できたらきっとぼろぼろになってる。


正直、溜め息が出るくらい共感できるくだりと、

まどろっこしく感じるくだりがある、でも、

交響曲と同じでその部分をとばして読むなんてしたくない。

第○の第X楽章が退屈だからといって飛ばして聴いてしまったら、

きっと何か大事なものを見落としてしまう。


菩提樹のお茶って、どんな香りがするんだろう。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »