フォト

オフィシャルサイト

コンサート・ライブ情報

東日本大震災で被災された方がたへのメッセージ

東日本大震災チャリティーライブ

リンク

Message to Akiko Grace


  • Email to: info@akikograce.com

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/31

金沢にて

金沢にて

今日は金沢公演。6年ぶりの金沢です。
FM石川での生放送を終えて、そろそろステージへ。

仮面演奏会計画!?

仮面演奏会計画

今日はハロウィン。

ボストン留学時代には、ホントに特大カボチャをくりぬいてロウソクをたてて遊んでたっけ。

。。とか思っていたら楽屋でこんなシュールな仮面を発見。

こんど仮面演奏会をやったら面白いかも。
なーんて、マネージャーさんと話してマシタ。

2008/10/30

1924年のスタインウェイで

1924年のスタインウェイ

初の新潟公演は、ほんのり心があたたかくなる夕べでした。
置いてあったのは、1924年製の中型スタインウェイ。ビンテージ特有の柔らかい音がする。
音の質感を大切にしながら演奏、ピアノの音に没頭。

旅の荷物は多いほうで


今日から新潟・金沢公演。旅は身軽に行きたいと思ってるんだけど、いつも閉めるときにはスーツケースぎっしり。なぜこんなに増えるんだろう。。

新潟は、FM番組でパーソナリティをやっていたことがあるけど、公演するのは初めてなのです。
金沢も、街並みが大好き。とっても楽しみです。


2008/10/21

Photo

終演後のステージを照らす2つの明かりを見ながら思った。
光って、分かりやすく相対的。

海の底で一生を暮らす魚にとってはこの地味な照明も
太陽のように明るく感じるんだろう。
都会のネオンのなかでは背景の一部になってしまう月の光も、
自然界にとっては漆黒の闇を照らす大切な灯りなんだろう。

approach to shineという曲を作った時の想像上の光は、
藍色の世界に差し込む微光。
辺りが明るすぎて微細なことに気づかず過ぎてしまうのは勿体ない。
当たり前すぎて気づけない、それも人生として、勿体ない。

そして、微は美につながっていくのか。
一瞬ね、そんなことを思った。

2008/10/18

"TRAVANCE"


東京FMの番組"TRAVANCE The Baccarat Experience"
にゲスト出演。

ナビゲーターは1998年からサッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエの
通訳を務めていたことでも有名なフローラン・ダバディさん。
ピアノという楽器の変遷の話、伝統と革新をどう考えるかなど、
収録では深く楽しい時間を過ごしました。

偶然、Baccaratのグラスは以前から個人的に大好きでいくつか持っていたから、巡り合わせを感じる。
今晩20:30、放送です。

11/1、恵比寿ガーデンプレイスで行われる
バカラシャンデリア点灯式でも演奏します。
http://www.tfm.co.jp/travance/


2008/10/12

関門海峡を渡りながら


下関Billie公演。
素敵なおもてなしと皆さんの熱気に囲まれ
極上の味覚にも包まれた一夜でした。

ライブが終わった後外気を吸いに外に出て夜空を
見上げたら、満天の星が。
星ってこんなにあったんだよね。あらためて感動。

鹿児島や熊本など、遠くからいらしてくれた方も多かったと聞きました。
またお会いできるのを楽しみにしています。

Billeのピアノをお弾き初めした時のことを良く覚えている。
あれは1年くらい前だったかな。
関門海峡を車で渡りながらふとそんなことを思った。

↓写真は北九州空港から羽田への飛行中。

Photo_2

2008/10/11

大阪ビルボードライブ


Graceful Vision Tour大阪ビルボードライブ、
会場に音の精が”降りて来た”のを感じるライブでした。

皆さん、素敵な時間をありがとう。

またお会いできますように。

Thank you so much and see you again soon!
Photo


2008/10/09

大阪・下関へ

金木犀の香りがあたりに満ちている今日この頃。
空気が、甘い。
この季節、大好きです。

明日からGraceful Vision発売記念コンサートで大阪、下関に参ります。
「心に染み入る音を出したい」、そう思っています。

2008/10/06

岡山城の幻想的な夜

岡山国際音楽祭。

ライトアップされたお城をバックに組まれたステージが、雨に包まれてる。
雨天決行。

降りしきる雨の音が野外ステージの屋根を激しく打っているのを聞きながら、ピアノの音を鳴らしはじめる。

一音、また一音と連なる音に雨のさーという効果音が合わさって、幻惑的な空気がみなぎってきた。

一曲が終わりふと我に帰り客席を見ると、透明なカッパで全身を包んでずぶぬれになりながらもじっと聴いてくださっている聴衆の皆さんが。

斜めに降る雨の細かい粒子が、野外ステージの強い照明の光線にあたってまるで星くずが舞っているよう。
何だか別の時間軸が流れている空間に入りこんだような気がした。

ライブが終わって帰りの車の中、マネージャーさんに向かって思わずつぶやいた。『なんかね、全部夢だったような気がする』

それくらい幻想的な夕べでした。

皆さん、大雨のなかありがとう。ほんと感動です。風邪ひかないようにしてくださいね。

2008/10/03

Graceful Vision東京公演

STB東京公演、素晴らしい時を過ごしました。

静寂の時間も動の時間も、まるで空気が寄り添うような、弾きながら音の彫像が見えるような感じ。

今回、アルバム全曲演奏を敢行したのですけれど、一曲一曲に、また新しいストーリーが生まれました。

心に染み入る公演でした。会場の皆さん、ほんとにありがとう!
またお会い出来るのを楽しみにしています。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »