フォト

オフィシャルサイト

コンサート・ライブ情報

東日本大震災で被災された方がたへのメッセージ

東日本大震災チャリティーライブ

リンク

Message to Akiko Grace


  • Email to: info@akikograce.com

トップページ | 2007年10月 »

2007/09/30

ブルーノートにて

六本木のRoy'sでハンバーグステーキを食べて、

ブルノート東京へ。バークリー音楽大学時代の同級生、

アントニオ・サンチェスが出演しているライブに向かいました。

今日はチックコリアとジョン・パティトゥッチとのトリオ。

卒業以来の再会だったけど、相変わらず鮮やかなドラミング。

↓Roy’sにて。濃厚で食べ応えあります

Roys

2007/09/29

9月ももうすぐ終わり。

涼しい一日。

気持ちもなんとなくひきしまる感じがしますね。

水槽の魚たちも季節の変わり目を感じているみたい・・

Photo

2007/09/28

ピンクのハートの、ギター!?

新宿の、とある楽器やさんで、こんなの見つけました。

Photo

そう、ピンクのハートのギター!

ギターは、前々から、ひとつ欲しいなあと思っていて、

いろいろ見ているんです。それで。。

こんなCUTEな楽器があったので

思わずシャッターを。。。

2007/09/27

スタジオ入り。

”ピアノモード”の新曲のマスタリングのために、

六本木のスタジオへ。

「真空の水~スペースタイム・ウォーター」

というタイトルの曲なんですけど、

宇宙の真空の空間に、シュワアアっと

水が飛び出してきて、スローモーションで

どんどんカタチを変えていく水の彫刻。

をイメージして作った曲です。

11月に発表しますのでぜひ聴いてみてくださいね。

音の波に包まれた夜。

今夜は宇宙遊泳の夢でもみるのかな。

Photo_5

←マスタリングエンジニアの山下さん。

2007/09/26

ビロードのような手触りの音

NHKホールのコンサートへ。

これまで私のアルバムでも3作品で共演しているすばらしいベーシスト、

ラリー・グレナディアに招待いただいて出かけていきました。

音を聴いている間、じっと、音の手触りや色を思い浮かべてました。

メセニー、メルドー、ラリー、ジェフの4人が醸し出す

つやがあるビロードのような手触りの音波のなかで

一音ごとにカタチを変える繊細なシャンデリアのような瞬間が連なっていく。。

普段私は、弾いていますけど、聴いている時間も同じくらい奥深いし、尊い。

そう思った2時間半でした。

With_pat_metheny_4

パットメセニーと。

2007/09/25

白銀の月

銀座でのトリオライブの帰り。

綺麗な月が見えました。

伝えたいことがたくさんあって、それを音に託した・・

そんな充足感のある一日。

雲の合間をすべりながら見え隠れする白銀の月。

こんなふうに、写りました。

Photo

2007/09/24

風の色

小さい頃、母がぬり絵代わりにくれた紙のピアノ鍵盤に

クレヨンで色をつけてよく遊んでました。

その頃から、風とか和音とかを、色で表すのが好き。

今日は、なんだか風の色が変わりましたよね。けっこう涼しい一日。

何色?そうだなぁ、ちょっと深い緑色って感じ。

秋というには未だ早いけど、夏が終わるっている掲示。

このパセリ↓よりちょっと薄い緑かな。

Photo

今日は銀座の資生堂パーラーでランチ。

伝統を感じるオムライス。

2007/09/23

動物のリズム

かなりの動物好きで、道端で猫を見かけると

一人で歩いているときには立ち止まって話かけてしまったりします。

”海辺のカフカ”という小説には、猫と話ができる人物が登場しますけど、

「猫の言葉が話せるなんて楽しいだろうなぁ」と心から思います。

猫とまだ会話はできなくても、

犬には犬のリズム、猫には猫のリズム、があって、それを眺めているだけでも、

すごく楽しい。

下の写真は”憂いに満ちた虎”(!?)

マイ・フェイヴォリット・ショットです。

Photo_2

2007/09/22

空に五線譜が!

Photo

高圧電線の間にふわりとある電線。

ぼーっと眺めていたら、五線紙のように見えてきました。

高速をひゅんと駆け抜ける空の譜面。

ここにメロディを描いたら、音符は何メートルくらいだろう、なんてね。

2007/09/21

銀座

楽譜を買いに銀座へ向かう。

疲れたのでお気に入りの甘味処へ。

立田野、クリーム白玉Photo あんみつ。

とらやと並んで、老舗ですね。

この味覚を音に表すと。。

Bbmaj7(#11)

そんなかんじかな。

黒蜜の甘みが特に絶妙。

また楽譜探しに戻ります。

あるオペラ・ミュージックのスコアを探してます。

2007/09/20

作曲の合い間にペルシャ絨毯!

今日は、一日作曲にいそしんだ日でした。

息抜きに、ちょっとインテリアショップへ。

前から気になっていた麻布サァラという家具のお店へ。

ステキなペルシャ絨毯を見つけました。

ファーストアルバムで「TEXTURE」という曲をつくって発表していますが、

それは”音の手触り”という意味をこめた曲でした。良質な触覚も音楽の

ひとつの要素になるんじゃないかなといつも思っています。

この絨毯。触覚に響いてくる手触りでした。極上です。

まるで天国にひいてあるかのような絨毯でした。

寝ても起きても触れていたい感じでした。

Photo_4

そして、この絨毯は、位置によって色が

変わります。毛足の方向が変わるから、なんですって。

納得。

2007/09/18

ピアノモードの新曲をレコーディング。

”PIANOモード”の新曲をレコーディングしました。

会心の新曲です。タイトルは、『真空の水』。

純粋にピアノの新世界を目指したサウンドです。

ぜひ聴いてみてください!Photo_2

ここでレコーディングしてます。このピアノはほんと、鳴ります。ステキです。

そして今日はなんと!

初めてチェレスタでレコーディングをしました。

チェレスタの原理は、鉄琴を鍵盤でたたくこと。

かわいい音がします。

チェレスタの演奏は、ファンクラブの方だけが聞くことができる限定の

レコーディングでした。

Photo_5

レコーディングしたチェレスタ。フランス製です。

ピアノ・モードのブログもあります!ぜひ見てみてください

http://pianomode.cocolog-nifty.com/blog/

2007/09/13

倍音浴。睡眠浴?

知り合いのライターさんのご紹介で、

本郷の求道会館、というところで倍音浴、に行ってきました。

倍音浴??というのはクリスタルでできたボウル、を楽器としてかなでる音を浴びる会。

クリスタル・ボウルの音を操っていた牧野さんはもとは

自然食レストランのオーナーシェフをしていらっしゃったとのこと。

ボーーォォオオオと響き渡る音には、空気の音波が感じられて、

音って、ほんとにが空気を伝ってくる波なんだ ということを再認識させられた一日。

今度六本木サテンドールで共演予定の、スパニッシュ・コネクション

のタブラ奏者、吉見さんも出演。リズムの分解率がすごい。共演が楽しみ。

Photo

クリスタルボウルを上から撮影。

2007/09/12

夏の終わりの海の沙汰

9月の海って、好きです。

真夏のわさわさした海よりも、なんかね、身近に感じるんです。

今年7月から毎月1曲、新曲を発表してるんですけれど、

今日!発表の曲は”夏の終わりの海の沙汰”っていうんです。

沙汰って、広辞苑でひくと”淘汰する”っていう意味があるの、

いろんな記憶をふるいにかけて落ち着きをとりもどす、9月の海。

地元・茅ヶ崎の海もそろそろまた、行ってみようかな。

Imgp0240

トップページ | 2007年10月 »